スタッフブログ

ひとつ屋根の下の感染予防

こんにちは。

緑が色鮮やかな今日この頃、健やかにお過ごしでしょうか。

 

新型コロナウイルスがなくなったわけではありませんが、以前よりも出歩く人が増え、少しづつではありますがいつもの街の風景が戻りつつあるようです。

近ごろは感染拡大防止策もあちらこちらでみられ、ウイルスとの共存も日常となりつつあると感じています。

 

今回はひとつ屋根の下で暮らす家族間の感染予防対策のひとつとして、玄関ホールの手洗い場設置のご提案をさせていただきたいと思います。

 

 

厚生労働省が謳う感染防止の3つの基本として

『身体的距離の確保』

『マスクの着用』

『手洗い』

があります。

 

1つ目と2つ目はご家庭ではそれほど徹底していないことが多いと思います。

が、この3つ目の『手洗い』。トイレの後、食事の前など一日のうちに手を洗うタイミングは何度も訪れます。もちろん外出から帰った時も。

ただ、帰宅後洗面所に着くまでって結構遠く感じませんか?「外出先であちこち触ったから、家族の為にも家に着いたら真っ先に手を洗いたいのに・・・」近ごろはそう思っている方が増えているかもしれません。

 

だったら玄関に手洗いスペースを作っちゃいましょう✨

Panasonicのアクアファニチャーはスタイリッシュなデザインでありながら、500㎜のコンパクトな幅で限られたスペースに設置可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプは、洗面ボールだけのハンギングタイプ、洗面ボールの両サイドに小物が置けるカウンタータイプ、洗面ボール下を収納スペースとして使えるキャビネットタイプの3つです。

 

 

 

※写真はキャビネットタイプのイメージです。

 

 

 

 

 

玄関に手洗い場があれば「帰ったらまず手洗い」という癖付けにも良いかもしれませんね。

アクアファニチャーの水栓は2種類。

 

 

写真はイメージです。

こちら、シャワー水栓および自動水栓には対応しておりませんので、ご了承ください。

 

 

 

 

※カタログより一例です。

 

 

 

 

今回のご提案の他にも自動水栓の導入や、開き戸から引戸への交換など、万が一のことを考えると家の中での感染防止対策もいろいろと出てきます。

 

 

何か「こうしたい」と思ったことがあれば、お気軽にご相談くださいませ。現地調査・お見積りは無料です。

 

N.yama

 

ページトップへ戻る